日記

音楽の幅を広げたいのならCDのメンバー買い(?)

 

CDショップの店頭で、ふと目に留まったCDジャケットに購買意欲を掻きたてられて思わず買ってしまう……いわゆる“ジャケ買い”は、よくある話ですよね。

私は、CDの“メンバー買い”を奨めています。

ドラッグみたいなものですね

私は、好きなミュージシャンが一人でも参加している作品であれば、無条件で買ってしまうクセがあり、散財が過ぎると家族に白い目で見られています(笑)

お気に入りのプレーヤーを見つけて、その人の参加作品をどんどんフォローしていくこの方法は、音楽性を拡げるにはもってこいでしょう。

特に、売れっ子のセッションプレーヤーなどは、あちこちにその名前を見ることが出来るので、とてもフォローしきれないケースもあったりしますが……。

音楽ってある種のドラッグみたいなものですよね……一度ハマったら止められないという(笑)

私がハマった2人

私自身、ハマったミュージシャンはたくさんいますが、ギターリストはこのブログの「必聴プレイ!」というカテゴリーでたくさん紹介しているのでそちらをご覧ください。

今回は、あえてギターリスト以外で掘り下げて研究したミュージシャンを紹介します。

まず、過去に一番ハマったのがドラマーのファースト・コールであるSteve Goddです。

言うまでもなく、ジャンルを越えた売れっ子ドラマーゆえ、そのバックカタログの多さはハンパではありません。

私もある程度はフォローしましたが、まだ半分も出来てないかもしれませんが……。

その半分でも、彼の音楽性の幅広さを知るに十分な量です。

そして、もう一人がセッションベーシストのChuck Raineyです。

彼は知る人ぞ知る名セッションベーシストで、アレサ・フランクリンやマーヴィン・ゲイ、はたまたジャクソン5からスティーリー・ダンまで、泣くも黙るその輝かしいセッションマンとしての功績はオンリーワンです。

以上の2人から学んだ最大の点は、やはり“グルーヴ”です。

“グルーヴ”とはなんぞや?ということを実際のプレイを通して学ばせてもらいました。

今回はその“グルーヴ”の神髄を感じることが出来る作品を一つ紹介します。

「Coolin’ ‘N Groovin’」というセッションアルバムで、名うてのセッションマンが集結して繰り出される超一流のグルーヴは唯一無比。(現在は、残念ながら廃盤で中古でしか入手できないそうです……)

ベースは前述のChuck Raineyで、ドラマーにこれまた私が大すきなBernard Purdie大先生!!

ギターはこれまた泣く子も黙る御大David T.Walker

どうです?聴きたくなってきませんか?(笑)

一流プレーヤーの豊かな音楽性を知れるであろう“メンバー買い”。

気になるプレーヤーがいたら、是非一度お試しください。

スポンサーリンク

-日記

執筆者:

関連記事

TOTOのSteve Lukather本人が教えてくれた! – Georgy Porgyのコード進行

  以前も某SNSで書いた話題なのですが、ちょっと自慢させてください(笑) 昔TOTOの名曲「Georgy Porgy」を耳コピしたことがあるのですが、どうしても解明できないコードがありまし …

「レイラ」を1ステージで2回演奏!? – エリック・クラプトンは親日家

  1回のライブステージで同じ曲を2回やることって、あまりないと思います。 たとえば、まだ持ち曲が少ないデビューしたてのアーティストが、プロモーションミニライブなどで、「じゃ、最後にもう一度 …

海外発!ギターレジェンドが直々に徹底解説!

  みなさんはプロギターリストによる教則ビデオやDVDなどをご覧になりますか? 私自身はあまり観ないほうだったのですが、最近はインターネットなど発達により、海外モノの教則映像などが気軽に入手 …

ワールドクラスの凄さ – Robben Fordギタークリニック参戦!

  去る12月12日に横浜で開催されたRobben Fordのギタークリニックに行ってきました! すでに欧米では数多くのクリニックを行っているRobbenですが、言葉の壁がある日本での開催は …

エリック・クラプトン今度こそ最後(?)の来日2016

  エリック・クラプトンの来日が決定しました! やっぱり来るんですね、クラプトン(笑) 思い起こせば、2001年の来日あたりから”引退”がささやかれ続けて早10年以上…… いつ引退すんねんっ …