体の使い方

たまには薄いピックを – ギターリストの脱力を考える

 

みんさん、普段はどんな硬さのピックをお使いでしょうか?

私は基本的にはへヴィ(1ミリ)です。

やはり、音のコシと張りなどを考えると、ある程度の硬さが欲しいところです。

薄いピックは教えてくれる

しかし、1日に1回は、極薄のピックを使って弾く時間を設けるようにしています。

なぜか分かりますか?

力んだピッキングをすると、薄いピックは弦に負けてしまい、その結果、上手い具合に音が鳴ってくれません。

それが、力んでいるかどうかの判断になるんです!

特に、私のように普段は硬めのピックを使う方こそ、この方法で自分の脱力加減をチェックしてください。

一度お試しいただければすぐに分かると思いますが、薄いピックが“しなって”しまうほどの強いピッキングでは、大きな音が出せません。

弦を“空振り”してしまったような感覚です。

では、薄いピックでキレイに鳴らすにはどうしたらいいか?

答えは簡単です。

力を抜くしかありません。

そして、その時の音は非常に小さいはずです。

それでいいのです!!

その感覚を体に覚えさせるのです。

そして、普段使っているピックに戻った時も、同じ感じで弾いてやるのです。

硬いピックで力んだピッキングをすると、弦がピックに負けてしまい、音がつまります。

そして、思ったほど大きな音も出ません。

ですから、この薄いピックによる脱力矯正は、普段硬めのピックを使っている人にこそ、やって欲しいものです。



最初が肝心

私は、新しいフレーズを覚える段階では、まずは薄いピックを使うようにしています。

最初から脱力したピッキングを体に叩き込ませたいからです。

この方法は、自分の力み具合を修正するベストなものだと思います。

かくいう私自身が、力みを取るのに苦労した過去があります。

しかし、この方法を思いつき、試したところ効果てきめん!

力みが取れれば、それまで思うように弾けなかったフレーズが弾けたり、音も抜けてきたりと、いいことずくめです!

短期間での矯正に効果絶大なこの方法、是非お試しください!

スポンサーリンク

-体の使い方

執筆者:

関連記事

ギターは左手で弾け! – 左手主導・右手補助

  「ギターは左手で弾け!」 これはとても大切な考え方です。 簡単に言うと、“弾く時は常に意識を左手におく”という意味で、いい音を出すために欠かせない、とても重要な考え方です。 以前採りあげ …

いやいや、鳴ってないですから、あなたのギターは!

  「このギター、ボディが〇〇〇だから、鳴りが違うよ」「流石、アンプの〇〇〇は抜けがいい」「〇〇〇のシールド、音が太くなった」 ギターリストやベーシストが集まると、こんな会話がよく聞かれます。 最近で …

体の使い方は十人十色 – 個性を大切にするギターリストになろう

  ギター雑誌や教則本などで“ギターの構え方”など、写真を用いて体の使い方を指南する本がありますよね。 あとは“カッティングにおける右手の振り方”というお題目で、右手を振る時の角度などをこと …

かじかんだ指先、どうする? – ギターリストにとって即効性のある“お湯浸け”

  今回はギターリストにとっての寒さ対策を考えてみたいと思います。 アマチュアギターリストにとって、冬は決して嬉しくない季節ですよね…… 寒い外を移動して、いざスタジオに入ってギターを弾こう …

”脱力”すれば、ギターはしなやかで抜けのいい音に!

  全ての楽器をプレイする人にとって、体の無駄な力を抜くこと、つまり“脱力”はとても大切です。 ギターリストも、もっとこの問題に敏感になって欲しいと思います。 力は不要 特にカッティングにお …