必聴プレイ!

Lucky Peterson – ギターとオルガン

 

複数の楽器をこなすいわゆる”マルチプレイヤー”は数多くいますが、ギターと鍵盤という2大メロディー楽器をどちらも遜色なくこなすプレーヤーはそうそういないですよね。

でもやはり世界にはすごい人がいるんです!

両方とも高次元

それが今回ご紹介するLucky Petersonです。

”マルチ”と言うと、どちらか一方がメインで、もう一方はそれに劣る……というパターンが多いですが、彼の場合両方とも一流!

及ばずながら、彼と同じくギターとピアノの両方嗜む身としては、嫉妬心さえ抱いてしまいますね(笑)

アルバムLifetimeを聴けばそれは明らかで、ギターリストのアルバムなのか、鍵盤奏者のそれなのか迷ってしまいそうな逸品です。

特にハモンドのプレイは唯一無比。

それのみでも十分に聴くに値するクオリティです。

特筆すべきは、両楽器でのバッキングが完璧なところ。

プレイヤーの技量は、ソロよりもバッキングで判断できるものです。

その意味で、この人は一流。

そして更にダメ押しとばかりに、歌も上手い!

レーベルはGitanes。やはり並のアーティストでは相手にしてもらえないレーベルです。

雑多さがいい

アルバムを貫くイメージはブルースですが、ジャズのコンテクストで語ることも可能だし、ロック、ファンクの要素もちらつきます。

そして、何といっても”黒い”(笑)。

これが本当の”ブラコン”なのかもしれませんね。

全てを呑み込んで昇華すると、こうのなるのか?

Stingのカバー”We’ll Be Together”など、カバーの仕方の理想形も呈示してくれます。

かなり高いレベルで語れるミュージシャンであることは間違いないありません。

歌よし、演奏よし、トーンよし、選曲のセンスよし。

様々な楽しみ方が出来る好盤でおススメですよ!

スポンサーリンク

-必聴プレイ!

執筆者:

関連記事

近藤房之介 – 過小評価された偉人

  日本のミュージックシーンの特徴の一つに、本当にうまい人が評価されないという点があげられます。 まあ、音楽業界もお金を稼がなくてはいけないビジネスなので、上手ければ誰でもプッシュしてくれる …

Godiego(ゴダイゴ) – ただのポップスバンドではない!

今回は日本が誇るバンドのゴダイゴを紹介します。 ゴダイゴは云わずと知れた「ガンダーラ」や「モンキーマジック」、そしてEXILEにもカバーされた「銀河鉄道999」でお馴染みのバンドです。 それらがヒット …

Stevie Ray Vaughan「Little Wing」- 孤高の天才ギターリスト

  Stevie Ray Vaughan以上に、亡くなったことが惜しまれるギターリストはいないのではないでしょうか? 初めて耳にしたときは、その豪快な奏法、縦横無尽な指板さばき、トリオとは思 …

ギターの神様、Eric Clapton – ペンタトニックの魔術師

  このブログでは、完全に私の独断と偏見で、ギターリストの皆さんにぜひ聴いて欲しい曲をいくつかピックアップしています。 そのようなケースの場合、妙なプライドからマニアックなギターリストを採り …

Raul Midon – 盲目の天才ギターリスト

  歌も歌えるギターリストは古今東西たくさんいますよね。 日本でも両方こなす人はたくさんいますが、ほとんどの場合「ギターは上手いんだけど歌はふつう……」とか「歌はいいけど、ギターは下手クソ」 …