体の使い方

かじかんだ指先、どうする? – ギターリストにとって即効性のある“お湯浸け”

 

今回はギターリストにとっての寒さ対策を考えてみたいと思います。

アマチュアギターリストにとって、冬は決して嬉しくない季節ですよね……

寒い外を移動して、いざスタジオに入ってギターを弾こうとしても、指が“かじかんで”いて思うように動いてくれない……

そんな経験をしたことがある方も多いと思います。

思いつく対策方法は数あれど……

まずホッカイロなどを指先に当てるのはどうでしょうか?

私もやったことがあるのですが、あまり効果的とはいい難いと思います。

たしかに、ちょっとは温かく(熱く?)なるのですが、それによって劇的に指が動くようになるということはありません。

やらないよりはマシ……程度でしょうかね。

次に、ひたすらウォームアップのためにメカニカルな運指フレーズを弾くのはどうでしょうか?(恐らくこのケースの方が一番多いのではないでしょうか?)

もう、「なんかのリハビリ?」的な動きで(笑)ひらすら指を動かす。

もちろん、これも何の効果もないとは言いませんが、指が温まるまで時間がかかり過ぎます……

やはり芯から温めないと

そこで、私の一番のおススメは、熱いお湯に指を短時間浸すというやり方です!

もちろんお湯とは水道の蛇口から出るお湯のことで、わざわざやかんで沸かす必要はありません。

今までの経験で、この方法が一番早く確実に指を温めてくれます。

ただし、“熱い”といっても、熱湯はダメですよ!

ふつうに火傷しますから(笑)

水道のお湯をひねって、温かくなり出してから、触っていられなくなるちょっと手前までがベストです(このさじ加減が難しい、笑)

つまり、お湯をひねって、「あ、少し温かくなってきたな」というあたりから指を浸し始めて、我慢できなくなる手前……が私個人的にはいい感じです(笑)

この辺は、個人差があるのであまり無理はしないでくださいね!!
何かあっても保証は一切致しかねますので(笑)

あと、あまり長い時間浸してしまうと、指がフヤフヤにふやけてしまい、弦が押さえられなくなってしまうのでご注意を(笑)

寒い季節、即効性のある“お湯浸け”を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-体の使い方

執筆者:

関連記事

体の使い方は十人十色 – 個性を大切にするギターリストになろう

  ギター雑誌や教則本などで“ギターの構え方”など、写真を用いて体の使い方を指南する本がありますよね。 あとは“カッティングにおける右手の振り方”というお題目で、右手を振る時の角度などをこと …

ギターは左手で弾け! – 左手主導・右手補助

  「ギターは左手で弾け!」 これはとても大切な考え方です。 簡単に言うと、“弾く時は常に意識を左手におく”という意味で、いい音を出すために欠かせない、とても重要な考え方です。 以前採りあげ …

たまには薄いピックを – ギターリストの脱力を考える

  みんさん、普段はどんな硬さのピックをお使いでしょうか? 私は基本的にはへヴィ(1ミリ)です。 やはり、音のコシと張りなどを考えると、ある程度の硬さが欲しいところです。 薄いピックは教えて …

いやいや、鳴ってないですから、あなたのギターは!

  「このギター、ボディが〇〇〇だから、鳴りが違うよ」「流石、アンプの〇〇〇は抜けがいい」「〇〇〇のシールド、音が太くなった」 ギターリストやベーシストが集まると、こんな会話がよく聞かれます。 最近で …

身のこなしもギターの大切な練習事項です!

  ギターリストの体を語る上で忘れがちなのが、体全体の身のこなしです。 アマチュアのライブを観ていると、身のこなしが悪いために、大事な演奏がないがしろになっている人が結構いることに気づきます …