リズム

クリックを躍らせろ! – ギターのリズム上達への道

 

ギターの練習にメトロノームは絶対に欠かせないものです。

特にアマチュアの最大の弱点はリズムの甘さです。

逆に言えば、リズムがしっかりすれば、簡単にライバルと差をつけることが出来るのです!

メトロノーム、どう使いますか?

では、そのメトロノーム、どうやって使うのが効果的なのでしょうか?

巷の本などでよく見るのが「ドラムのスネアの位置、つまり2拍目と4拍目で鳴らすのが効果的!」というのがありますよね。

もちろん、ウラ拍を意識するのは大切です。

でも、近頃の人は、昔の人(?)に比べれば、無意識にウラ拍で感じているはずです。

ライブ会場での手拍子など、だいたい自然にウラ拍で叩いていますよね。

逆に言うと、そのような場所でオモテ拍(1拍目と3拍目)で叩いている人は、ある一定以上の年齢のはず???(笑)

本当のメトロノームの使い方

私が提唱したいメトロノームの使い方は、そういう表面的なことではなく、もっと深い話です。

まず、メトロノームのクリック音それ自体は、一定の周期で鳴りつづける、ただの無機質な音の連続です。

こちらがそれに合わせようとする演奏では、絶対にいいノリやグルーヴは生まれません。

にもかかわらず、ほとんどの方が、この使い方になってしまっています。

メトロノームに“合わせに”行っているんですね。

実際に弾いている本人も、「なんか変……」と感じているはずです。

テンポは何となく合っているけど、“合わせに”行っているので勢いが全くない演奏に……

メトロノームのテンポからずれないように、おっかなビックリの演奏……

そんなノリの死んだ演奏は聴くに堪えません。

では、どうすればいいか……

ズバリ、メトロノームを“躍らせて”やるんです!!

意識としては、自分の演奏によってメトロノームをグルーヴさせてやるという感覚です。

ノリやグルーヴは、自分で造りだすものです。

「カン、カン……」という無機的に連続するクリックに、命を吹き込んでやるイメージで演奏するのです。

とても感覚的な話なので、言葉で説明するのは難しいですが、ポイントは“クリックを躍らせる”というイメージです。

それによって、クリック音が躍り出せばしめたものです。

クリックをただの点の連続として捉えるのではなく、まるで人格を持った一人の打楽器奏者がそこにいて、自分の演奏によって気持ちよく打楽器を叩きながら踊っている……というイメージが持てれば最高です。

これこそが正しいメトロノームの使い方です。

そして、その時にあなたが感じる体の動きや感覚を体に覚えさせます。

その時のあなたの演奏は、間違いなくグル―ヴィーなものになっているはずです。

そのようにメトロノームを躍らせることが出来れば、間違いなく自分自身も気持ちいいグルーヴを感じながら演奏できるはずです。

実際にグルーヴ出来ているかどうかの判断基準は、何はさておき“自分自身が気持ちいいか”という至って単純なものです。

少しでも“しっくり行かない”と感じるのなら、残念ながらまだまだと言わざるを得ません。

その辺は、感覚で分かってくるはずです。

メトロノームに“合わせに”行くのではなく、自分のギターがメトロノームを“躍らせてやる”というイメージですよ!

スポンサーリンク

-リズム

執筆者:

関連記事

6弦から1弦は遠い? – スパっと斬るギターを!

  以前、ギターリストにとって力みは最大の敵であるというお話しをしました。 (「脱力 – 力みは最大の敵です!」参照) つまり、いかに体の力を抜けるか……“脱力”はギターリストのみならず楽器 …

コードチェンジの際の注意点

  アマチュアの弱点はたくさんありますが、今回はコードチェンジの際に注意すべき点をお話しします。 ”けじめ”をつけてから次へ コードチェンジの際によく見られるのが、次のコードに意識が行ってし …

アップを鍛えましょう!- ギターリストの弱点はここだ!

  今回は右手のアップとダウンについて考えます。 みなさん、ダウンばかりで、アップがないがしろになっていませんか? これはカッティング時におけるストローク、単音弾きにおけるピッキングの両方で …

ギターを弾くときにはバックビートに強い意識を

  みなさんは、普段からバックビートに意識を置いた演奏をしているでしょうか? バックビートとは、2拍目と4拍目に強拍があるビートです。 “ドラムのスネアが鳴る位置”と言ったほうが分かりやすい …

プロとアマギターリストの差はリズムの差!

  以前、私は自分のリズムの悪さに落ち起こんだ時期がありました。 別に今は自信満々!というわでもないのですが……(汗) 私は、バンドでギターソロを弾く時は、その約8割がアドリブです。 残りの …