ギターとの向き合い方

ギターが本当に上手くなりたい人が持つべきマインド

 

「ギターが上手い」とは何をもって「上手い」というのでしょうか?

華麗な速弾きが出来ることが上手い?
キレキレでファンキーなカッティング?

百人いれば百通りの見解があるでしょう。

少なくとも、「これが出来れば」という絶対基準はありません。

2つの基準で考える

楽器の上達基準には、技術的なものと、音楽的なものの2つがあります。

難しいフレーズが弾けたか弾けなかったか、というように、技術面での上達判断は比較的容易に出来ます。

しかし、音楽面での上達判断は、非常に抽象的で分かりづらいため、なかなか自覚できません。

その結果、技術的な面だけで上達度を測ってしまいがちになります。

例えば、強弱を上手く表現できたことよりも、速弾きフレーズが弾けた時に、上達を感じやすい……

一番よくないのは、音楽的な面での進歩があるにもかかわらず、技術的な面での上達が感じられないため、落ち込んでしまうことです。

技術的な面でしか考えられないのですね。

しかし、そのようなスタンスでギターを弾き続けるのは、自分を苦しめるだけです。

やっていることは音楽。ギターは道具。

私たちがやっているのは音楽です。

その音楽をやるための道具としてギターを選んだのです。

ですから、音楽的なものをもっと大切にするべきです。

それなしには本当の意味での上達は語れません。

これからは、もっと音楽的な面での進歩に着目してみましょう。

例えば、このブログでも何度か触れている”脱力”です。

練習で、少しでも体から力を抜くことが出来たのなら、それでOKとします。

それを続けて行けば、いずれ必ず音に反映されます。

つまり、それこそが音楽的進歩なのです。

それこそがワンランク上の練習になるのです。

本質を理解すれば楽になる

それこそが本質ではないでしょうか?

私自身、歳を取るにつれて、ギターの練習時間は減ってきています。

しかし、それとは反比例して、練習密度はどんどん濃くなっていっている気がします。

それは、この本質を理解しているから、無駄に自分を苦しめるような練習方法をしなくなったから。

このブログでお話ししている考え方を練習に採り入れれば、短い時間でも満足感のある練習が出来ますよ!

自分に甘く……

そして、練習の後は、期待を込めて自分を褒めてあげてください。

人間は期待されたら、それに応じた成果を出す生き物なのだそうです。
これは、“ピグマリオン効果”といって、教育心理学でも証明されていることです。

どんな些細な進歩も見逃してはいけません。

それをネタに自分を褒めてやってください!

必ずうまく行きますから……

スポンサーリンク

-ギターとの向き合い方

執筆者:

関連記事

ミュージシャンとしての教養?- デキるギターリストはここが違う!

  ギターリストたるもの、やはり色々な音楽を知るのは無駄になりません。 スタジオにおけるリハでの、こんな場面を想像してみてください…… 「サビから盛り上げたいんだけど、今一つだね……」 「ち …

本当にギターが上手くなりたければ……

  みなさんは上手くなろうと毎日必死にギターを練習していると思います。 上達に少しでもつながる情報やヒントがあれば、貪欲に吸収していこうという方々が多いと思います。 だからこそ、このブログを …

いやいや、鳴ってないですから、あなたのギターは!

  「このギター、ボディが〇〇〇だから、鳴りが違うよ」「流石、アンプの〇〇〇は抜けがいい」「〇〇〇のシールド、音が太くなった」 ギターリストやベーシストが集まると、こんな会話がよく聞かれます。 最近で …

ギターの表現力のなさには意外な理由が……

  以前、CDなどの音源をバックに練習することの怖さをお話しましたが、今回はその続きです。 (前回「CDなどの音源との”競演”は百害あって一利なし」参照) 前回は、CDなどの音源と一緒に演奏 …

10分でも納得の練習を!- ギター練習における思考

  私は、納得のいく練習が出来た時点で、その日の練習を終えるようにしています。 つまり、気分のいいままその日を終えるのです。 その方が、翌日の“やる気“につながり、「明日弾くのが楽しみ!」と …