ギターとの向き合い方

ギターのコピーを楽にしてくれるマシン – TASCAM CD-GT2

 

以前、コピーの大切さをお話ししました。
「コピーのススメ」「オリジナリティーを出したければコピーしかない!」参照)

とにかくたくさんコピーしまくって自分の血肉にしましょう!という内容でした。

しかし、そのコピーですが、案外時間がかかるし、根気もいる……

何気にしんどい作業と感じる方もいると思います。

文明の利器は活用してナンボ

今回は、そんなコピーという作業が少しでも楽になるアイテムを紹介します!

ところで、私は以前、音源を聞いて楽譜に起こす採譜の仕事をしていたことがあり、コピーという作業があまり苦になりません。

むしろ、聴き取りにくいフレーズを解明したときの達成感に酔いしれるタイプです(笑)。

大抵のフレーズは、その曲のKeyやバックのコード、前後の音のつながりなどから比較的容易に導き出すことが出来るのですが、あまりにも速くて、聴き採れるスピードを超えているフレーズもたまにあります。

そんな時に重宝するのがコピーマシンです。

私の現在の愛用品がAKAIのRIFF-O-MATIC U40という機器です。

分かりやすく言うと、CDなどの音源を一定の時間サンプリングして、音程を変えずにスピードを自在に調整できるという、コピーには欠かせないアイテムです。

これ無しに私のギターライフは語れないほどのへヴィーユーザーです。

みなさんにも是非おススメしたいところなのですが……

残念ながら現在は生産中止です……(涙)

しかし、やはり便利なアイテムは違う形で世の中に出てくるものです(笑)

今はTASCAMから、CD-GT2という商品が出ていて、結構なロングセラーになっているようです。


このタイプは、直接CDを挿入できること!

私が持っていたAKAIのものは、再生機器からケーブルでつながないと音を取り込めなかったので、これは便利!!

そして、チューナーやエフェクター、メトロノームまでもが内臓されています。

現在使っているAKAIが使用不能になったら是非試してみようと思います!

ちなみに、現在ではパソコンのフリーソフトやスマホのアプリでも、音程を変えずにスピードだけを変えたり、曲を読み込んでコードを割り出してくれるものなど、便利なツールがいくつかありますので、ご自分の用途に合わせていろいろチェックしてみてください!

スポンサーリンク

-ギターとの向き合い方

執筆者:

関連記事

ギターリストとしてのオリジナリティーを出したければコピーしかない!

  以前「コピーのススメ」でもお話ししましたが、ギターリストにとってコピーは不可欠なものです。 とくに、オリジナルな個性を出したければ、まずはたくさんコピーしなくてはいけません。 “オリジナ …

本当にギターが上手くなりたければ……

  みなさんは上手くなろうと毎日必死にギターを練習していると思います。 上達に少しでもつながる情報やヒントがあれば、貪欲に吸収していこうという方々が多いと思います。 だからこそ、このブログを …

アンプなしは危険です③ – アンプなしのギター練習を考える

  2回にわたってアンプなしでのギター練習はデメリットばかり!という衝撃的な(?)提言をしました。 アンプなしは危険です① – アンプなしの練習を考える アンプなしは危険です② …

残念なギターリストにはなりたくない!

  今回は、私なりのアマチュアギターリスト論を展開させてもらいます。 完全なる私個人の見解につき、いかなる反論なども受け付けません(笑) 本末転倒 対バンライブなどをやると、ものすごく高価な …

ギターが本当に上手くなりたい人が持つべきマインド

  「ギターが上手い」とは何をもって「上手い」というのでしょうか? 華麗な速弾きが出来ることが上手い? キレキレでファンキーなカッティング? 百人いれば百通りの見解があるでしょう。 少なくと …