理論

ブルースはギターリストの嗜みです

 

みなさんはブルースを聴きますか?

ロックでもジャズでも、その源流はブルースです。

そう考えると、ブルースを深く理解することの有益性がお分かり頂けると思います。

中級者くらいになると、ジャズの世界に憧れを持ち始める人も多いと思います。

その時に、ブルースに精通していれば、絶対的な利点になるのは間違いありません!

かのラリー・カールトンも、ブルースとジャズの両方に精通したギターリストですが、彼の弾くジャズにはブルースの香りが色濃く感じられます。いわく……

”No Blues, No Jazz”(ブルースなくしてジャズはない)

けだし名言だと思います。

3コードは何があっても弾けるように!

さて、ブルースと一口に言っても、さまざまなフォーマットがありますが、やはり一番分かりやすいのが12小節3コード形式のブルースでしょう。

世界の共通言語である英語が話せれば、世界の誰とでも会話が出来てしまうように、“12小節3コードブルース”が弾ければ、世界のどんなプレーヤーとでも音楽の会話が出来てしまいます。

そんな3コードブルース、みなさんちゃんと弾けますか?

もう、無意識に反応してしまうほど、体に馴染んでいないといけません。

まずソロに関しては、誰もバックにいなくても、頭の中で12小節を1サイクルとして感じながら弾けなければいけません。

ベースなどのバックがいれば、コード進行が鳴っているので、自分がどこにいるのか分かりますが、一人で練習しているときなどは進行を見失いがちです。

ブルース歴ウン十年の私は、一人でも頭の中でそのキーのコード進行が鳴っています。

そして、ソロ以上に大事なのがバッキングです。

ソロはペンタなどを弾いていれば、“何となく”そして“それなりに”聴こえるのですが、いざバッキングに回るとボロボロ……という人は案外多いでです。

コードのバリエーションが少なかったり、コードワークがワンパターンだったり……。

つまり、バッキングにまわった途端に、その人のブルースへの習熟度が露呈しちゃうんですね。

誰かとセッションするときには、ソロばかり弾いているわけにもいきません。

いつどこでセッションがあっても、すぐにバッキング対応できるようなギターリストでありたいものですよね。

それには「とにかくたくさんコピーを!」と言えば簡単ですが(笑)、やはり効率的に学べる書籍に頼るのもアリです。

そこでオススメするのが「ブルースで覚える大人のコード・ワーク」です。

基本的に、さまざまなタイプの12小節進行を学べる良書です。

ちょっと洒落たコードなども適度に出てくるのですごく参考になります。

これを自分のモノにできれば、あとは応用していくだけ。

まずは“たたき台”として本書の内容を体に入れて、それをどんどん展開できれば鬼に金棒ですよ!!

スポンサーリンク

-理論

執筆者:

関連記事

ペンタを軸にすれば上手くいく – ギター難解スケール攻略法

  過去2回にわたってペンタの大切さと有効性をお話しました。 (以下参照ください) ギターは通勤電車で上手くなる!ペンタを軽んずるギターリストはペンタで泣く(?)http://train-g …

ペンタを軽んずるギターリストはペンタで泣く(?)

  ギターリストでソロを弾く人なら一度は聞いたことのあるスケール“ペンタ”。 みなさんは、どの程度ペンタを使いこなしていますか? クラプトンはペンタの鬼 私ごとですが、私のギターの師匠はエリ …

音楽理論は必要な時に必要なものを

  音楽理論…… いざ理論を勉強しようとしても、何から手を付ければいいのか迷うかもしれません。 理論書を1冊購入して、さあやるぞ!と意気込んではみたものの、途中で挫折…… なんて経験あるので …

ギターはやっぱりペンタです – ペンタの底力

  以前ペンタの大切さと奥深さをお話しました。 (以下参照ください) ギターは通勤電車で上手くなる!ペンタを軽んずるギターリストはペンタで泣く(?)http://train-guitar.c …

あなたは“理論派”ギターリスト? “感性派”ギターリスト?

  私の知り合いに、“音楽理論コンプレックス”のギターリストがいます。 「オレ、理論に疎いから……」 といいながらも、実際に彼はいいギターを弾くのですが…… 音楽理論に精通していないと、素晴 …