理論

ギターリストこそピアノ(鍵盤楽器)を!

 

みなさんはピアノなどの鍵盤楽器は弾きますか?

私は拙いながらピアノも演奏します。

ビリー・ジョエルやエルトン・ジョン、ベン・フォールズなんかを敬愛していて、彼らの曲をピアノ1本の弾き語りで楽しんでいます。

まぁ、あくまでも弾き語りの伴奏程度なので、派手なソロなんかは弾けませんが(笑)

頭には鍵盤を

ギターリストにとって鍵盤楽器が分かるというのは、とても有利です。

とくに、コードをはじめとした理論は、鍵盤をイメージした方が断然理解しやすいと思います。(あくまでも私は……ですが)

先ほどもいいましたが、私のピアノは歌の伴奏がメインです。

ということは、それはコードを弾くということに他なりません。

ですから、コードというものに対して、私は何の抵抗感もありません。

私はコードを考える時には、いつも頭に鍵盤がイメージとして浮かびます。

それを利用してコードを構築していくのがクセになっており、トライアド(主要3音)程度なら、どのキーのコードでも、鍵盤上の“形”が瞬時に頭に浮かびます。

あとは必要に応じて、7thを付けたり、オーギュメントにしたり、テンションを加えたりと、自在に変形させればいいだけです。

鍵盤の利点を拝借

ギターはフォームで弾く楽器です。

つまり、自分が弾いている音名を特に把握していなくとも、手が“形”を覚えていれば弾けてしまいます。

逆に、ピアノは音名で弾く楽器です。

自分が何の音を弾いているのかがはっきりと分かる楽器です。

ですから、ピアノの鍵盤は、コードを組み立てたり把握したりする上で、ギターのフレットよりも、視覚的に優れていると言えるでしょう。

昔から、バンドで一番理論に通じているのはキーボードというのが、“バンドあるある”ですよね(笑)

鍵盤楽器をお持ちの方なら、あえてギターではなく、鍵盤を使ったコードの勉強という選択肢もありかもしれません。

ギターで学ぶよりも効率的に、しかも数分の一の労力で理解できると思いますよ!

スポンサーリンク

-理論

執筆者:

関連記事

あなたは“理論派”ギターリスト? “感性派”ギターリスト?

  私の知り合いに、“音楽理論コンプレックス”のギターリストがいます。 「オレ、理論に疎いから……」 といいながらも、実際に彼はいいギターを弾くのですが…… 音楽理論に精通していないと、素晴 …

ペンタを軸にすれば上手くいく – ギター難解スケール攻略法

  過去2回にわたってペンタの大切さと有効性をお話しました。 (以下参照ください) ギターは通勤電車で上手くなる!ペンタを軽んずるギターリストはペンタで泣く(?)http://train-g …

ペンタはマイナーだけではありません! – メジャーペンタのススメ

  アドリブやセッションなどで皆さんがよく使うスケールと言えば、ペンタトニック・スケールですが、一般的に“ペンタ”というと、”マイナー・ペンタ“という認識の方が多いと思います。 かくいう私自 …

ギターはやっぱりペンタです – ペンタの底力

  以前ペンタの大切さと奥深さをお話しました。 (以下参照ください) ギターは通勤電車で上手くなる!ペンタを軽んずるギターリストはペンタで泣く(?)http://train-guitar.c …

ペンタを軽んずるギターリストはペンタで泣く(?)

  ギターリストでソロを弾く人なら一度は聞いたことのあるスケール“ペンタ”。 みなさんは、どの程度ペンタを使いこなしていますか? クラプトンはペンタの鬼 私ごとですが、私のギターの師匠はエリ …