体の使い方

”脱力”すれば、ギターはしなやかで抜けのいい音に!

 

全ての楽器をプレイする人にとって、体の無駄な力を抜くこと、つまり“脱力”はとても大切です。

ギターリストも、もっとこの問題に敏感になって欲しいと思います。

力は不要

特にカッティングにおいて、脱力は死活問題です!

リズミックなカッティングは、脱力が大前提と言ってもいいでしょう。

コツとしては、ダウンに関しては、腕を“ストン”と下へ落としてやるイメージです。

力が抜ければ、自然に下へ落ちますよね?

そう、まさに“ニュートンの法則”です(笑)

ピックを持つので、全く力が必要ないわけではありませんが、腕の上げ下げに関しては、完全脱力を目指します

そして、下へ振り下ろされた反動を利用して、上へ戻ります。

その際も、力で戻すのではなく、あくまでも脱力して、下へ振り下ろした時の反動を利用します。

縮んだバネが自然に戻るイメージです。

アップ時のリズムが甘くなることのないように、しっかりとリズムにハマったストロークを心がけてください。

ムチで切り裂く!

本当に上手い人は“スパ”っと切り裂くように腕を振ることが出来ます。その瞬発力が、キレのあるリズムに結びつきます。

イメージとしては、ムチを打つような感じです。

しなやかにムチをしならせるのに、力はいりませんよね。

軽い動きによる瞬発力をムチに伝えてあげるイメージです。

そのイメージをそのまま腕の上げ下げに適用するのです!

完全に脱力された状態で、ムチを打つように“スパ”っと腕を振ることが出来れば、音抜けもよく、大きな音になります。

そこがポイントです!!

ドラムでもピアノでも、何でもそうです。力みのない一打が、抜けの良い音を作りだします。

ヴォーカリストでさえ脱力を意識

余談になりますが、ヴォーカリストも脱力に関しては敏感です。

ヴォーカリストにとっては体が楽器です。声を出す時に体に力が入っていては、肝心の響きが殺されます。

お寺の釣り鐘と同じですよね。

釣り鐘の中に、何かが入っていたり、何かが触れていては、音がつまってしまい、きれいに響いてくれません。

つまり、音楽に携わる人すべてが、すべからく脱力というテーマと深く付き合っていかなくてはいけないということです。

その中でも私たちギターリストは、いかにしなやかに“スパ”っと斬れるか……

そこに心血を注ぎましょう!

しなやかさは脱力されて初めて生まれるのです。

スポンサーリンク

-体の使い方

執筆者:

関連記事

いやいや、鳴ってないですから、あなたのギターは!

  「このギター、ボディが〇〇〇だから、鳴りが違うよ」「流石、アンプの〇〇〇は抜けがいい」「〇〇〇のシールド、音が太くなった」 ギターリストやベーシストが集まると、こんな会話がよく聞かれます。 最近で …

体の使い方は十人十色 – 個性を大切にするギターリストになろう

  ギター雑誌や教則本などで“ギターの構え方”など、写真を用いて体の使い方を指南する本がありますよね。 あとは“カッティングにおける右手の振り方”というお題目で、右手を振る時の角度などをこと …

かじかんだ指先、どうする? – ギターリストにとって即効性のある“お湯浸け”

  今回はギターリストにとっての寒さ対策を考えてみたいと思います。 アマチュアギターリストにとって、冬は決して嬉しくない季節ですよね…… 寒い外を移動して、いざスタジオに入ってギターを弾こう …

ギターは左手で弾け! – 左手主導・右手補助

  「ギターは左手で弾け!」 これはとても大切な考え方です。 簡単に言うと、“弾く時は常に意識を左手におく”という意味で、いい音を出すために欠かせない、とても重要な考え方です。 以前採りあげ …

脱力 – 力みはギターリストにとって最大の敵です!

  ギターはもちろん、ドラム、キーボードなど、全ての楽器プレーヤーにとって、永遠の課題と言ってもいい“脱力”という問題。 知らず知らずのうちに、体のあらゆるところに余計な力を入れてしまうクセ …